FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

#ilstudy 第1回 ゆるふわ愛されシェルスクリプト に参加しました。 

連続で勉強会に参加しましたネタです。
2011/8/6
#ilstudy 第1回 ゆるふわ愛されシェルスクリプト に参加してきました。

この日はまっちゃ445勉強会(hbstudy・qpstudyとの合同)
http://matcha445.techtalk.jp/saturday-workshop/17th-workshop
があって、インフラエンジニア的にはかなり迷ったのですが
最近シェルスクリプトの必要に迫られているのでこちらに参加させていただくことにしました。

登壇者はいつもお世話になってます@nullpopopoさん。

内容はシェルスクリプトの基本から入って、後半は具体例でした。
具体例は結構実践的で、すぐに試してみたいものが多かったです。
何かしらのログ解析などをする機会があるひとは使ってみてください!とのこと。
ちなみに勉強会の直前で会社から電話かかってきて
勉強会中にdovecotのログ読んでたのは俺ですw

sh,bash等シェルの内部コマンド以外にも、sed,awkなどの外部コマンドも活用されてて
あーそういえばこれらのコマンドっていまいち使い方がわかってなかったよねって
いうのも解決してよかった。

今回は基本的な構文のみでスクリプトをくんでおりましたが
次回はif,forを活用してスマートなスクリプトを作るよ!とのこと。
なんでも第3回までの資料はすでにできているらしいので期待です。

懇親会会場は勉強会会場のすぐそばw
これなら迷わずいけますね。

地下だったのでつぶやけなかったのですが
ぶっちゃけ話せない内容も多くてですねw

話しても良さそうな範囲だと
・「ほむほむ」について説明
・なんちゃらstudyクラスタがいなかったので静かだったw
・リア充w
・全盛期のゆーにゃん
ってかんじですかねー(おもいだしたらこっそりついかしますねw)

とりあえず、自宅環境でシェル書いて動かしてみます。
やっぱり手を動かしてみたほうが理解できますからね。
スポンサーサイト

[edit]

#osoljp 東京OpenSolaris勉強会 & #qpstudy 07 に参加しました。 

2011/07/30
#osoljp 東京OpenSolaris勉強会 & #qpstudy 07 に参加してきました。

去年12月に部署異動になって、Solarisを使うことが多くなってきて
SolarisってLinuxと微妙に違うところが多くてなぁ…勉強したいんだけど
OpenSolaris勉強会は敷居が高そうだ…と思ってたところに
ひさびさのびぎなーずが開催されたので、行ってきた次第です。

会場は青山のオラクルさん。
普通に綺麗ですてきなオフィスでしたよ。
あとプラスチック製コップを使ってフリードリンクが飲めました。

あと、さすがにセミナーとか多くやってる会社さんだけあって
会議室もおおいし、IT環境もばっちりでしたね。

ちなみに今回の東京OpenSolaris勉強会は2種類の勉強会が同時に行われていました。
システム管理者向けのAdminは開催されておらず、
開発者向けの無印と
初心者向けのびぎなーずが
開催されておりました。
#ご指摘をいただいて修正しました。ありがとうございました!

で、さっそく自己紹介タイムの開始なのですが
なんか全然初心者じゃない顔ぶれw
たぶんぼくみたいなずぶの素人はほかにいなかったんじゃなかろうか><
内容は
14:00 – 15:10 OpenIndianaで学ぶSolarisの始め方(@tsukaman _・)つかまん)
15:20 – 16:20 はじめてのSolaris11Express(@shojih)
16:30 – 17:00 コントリビュータの拡張バイナリレポジトリにアクセスして、OSSをざくざく簡単インストール(@kohju 瀧)

の3本立てでございました。

OpenIndianaのセッションは、インストールの流れが中心で、Linuxとのちょっとした違いや
あたらしいきのう(RBACやIPSとか)の話がありました。
OpenIndianaはまだまだバグが多いらしいので、「日本語でもいいのでフィードバックしてください」
とのことでした。

僕も早速使ってみようと思って、手持ちのMBAのVirtualBox使って、
OpenIndianaの仮想マシンつくりました。
勉強会中にVMにインストールされてるかたもいましたw

OracleSolarisのセッションは、OracleSolarisの概説から
テキストインストールの方法を説明しつつ、新機能の紹介等でした。
ZFSを最大活用した未来へつなぐ仮想化OSという言葉が印象的でした。
ZFSの魅力はもちろん強いですが、個人的にはcrossbowでどこまで
ネットワークの仮想化が進むかが興味あります。

OpenIndianaもOracleSolarisも、sudoが使えるようになったり、標準シェルがbashになったり
Linuxユーザの巻き込みというのは結構意識されている印象でした。

さいごはIPSとコントリビュータレポジトリの話。
IPSとyum/aptとの違いや、ローカルレポジトリの話でした。
ここでもLinuxとの思想の違いが感じてとれる内容でした。

また次回があれば参加したいですね。ただ、まだ無印に参加できるだけのスキルが><
びぎなーずはやってほしい内容をリクエストもらえれば検討するよ!とのことですので
おもいついたらつぶやきませう。

このあと外苑前から大森に移動。

こんどはqpstudy07
ITインフラ 本当にあった怖い話 ~絶対に笑えないサーバ24時~
に参加。

いろいろ書きたいことあるけど書けませんw
だって本当にヤバい話ばっかりだったので…。

これに触発されて、僕もいくつかネタがおもいついたのですが
さすがにその場ではできなかったので
次回以降機会があればLTしようかなと思っています。
その前にIPv6ネタのLTを先にやる予定ではありますが。

[edit]

[memo]Fortigate 

ここみながらSSL-VPN設定した
http://stdman.blogspot.com/2008/07/fortigate-ssl-vpn.html

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。