FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

interop2011行ってきました(前編) 

interop2011行ってきました。たぶん2年ぶりくらい。
http://www.interop.jp/

それにしても、年々地味になっていきますね…。
前行ったときは入り口に「interop」って看板があったのに、今年はメーカー広告だけ。
僕が初めて行ったinterop(たぶん9年前くらい)では、会場に行くまでにNOCもSOCもあって、会場も広かった。
今年は「あれもうデジタルサイネージ?」というくらい、規模が縮小していた…。

そして自分も、なんか視野が狭くなってしまったなぁと思った次第。
なんか今の自分の直接の興味がある分野にしか回らなくなってしまった。
それも、すでに知ってるベンダーばかり回ってたような…(全くの新しいところも行ったけど)

一般法人向けITサービスの業務から外れてしまったので、F/W触らなくなった自分としては
PaloAltoやWatchguardからは結構興味が離れてしまって、ブース行ったものの実りのある話はできなかった。

今の僕の関心事は、仮想化システムのパフォーマンス向上。
ほんと、パフォーマンスでなくて困ってるんですよ…
「ええ、そんなに遅いんですか?桁1個間違えてるとかじゃなくて?」
とか言われるんで。

もっといいサーバやストレージ使えば、速くなるのはわかるんですが
そうしたらコストが上がって市場競争力を確保できなくなるんですよね。
だから、既存H/Wと同じ価格レベルで、もっと性能は出せないのかと。
H/Wの限界まで性能を使い切る方法はないのかと。
たまに考えているわけなのですよ。

というわけで、今まではあまり見てこなかった
BrocadeやJuniperやCiscoのデータセンター向けファブリックスイッチとか見てた。

しかしやはりネットワークというのは、金をかければかけただけ幸せになれる世界なのだ。
貧乏な会社には完全冗長化L2ネットワークなんて組めそうにない。
あれは弊社にこそ必要なソリューションだと思うんだが、絶対稟議とおらねぇ。

あと、サーバやストレージはあまり無かった。
interopなんだから当たり前と言えば当たり前なのだけれど
もはやサーバ・ストレージ・ネットワークを分けて考える必要性はほとんど無くなってきたように感じる。
というか、一緒に考えないとダメだ。この3者がちゃんと機能してこそのクラウドだと思うの。

というわけで、今回のinteropは物足りなかったなと思う反面
僕ももうちょっと突っ込んで話ができるようにならないとダメだなと反省したのでした。

というわけで、前編では僕の雑感をつらつらと書いてみました。
後編では、写真を交えて各ブースの話や、ノベルティについて書こうと思います。
(コンパニオンの写真はありませんw)
スポンサーサイト

[edit]

« interop2011行ってきました(後編)  |  [メモ]シェルスクリプトでSSHを実現する方法 »

この記事に対するコメント

同意

サーバ、ストレージ、ネットワーク、ほんと、わけて考える時代じゃないですよね。
今まではある程度分業しても成り立っていたと思うんですが、今はこいつらの
知識がどれか一つでも欠けてたら十分なアーキテクトができない時代だと思います。
特にネットワークは、リソースの拡張性考えて組まないとごみシステムになりそうです。

joker #- | URL | 2011/06/12 03:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagi2100.blog68.fc2.com/tb.php/12-53851be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。