FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

#sfstudy ストレージ友の会#1 に参加しました。 

6/11(土)はストレージ友の会 #sfstudy に参加してきました。
仮想化システムが増加してきて、注目度が上がる一方で
あまり表に情報が出ることのないストレージにフォーカスをあてた勉強会です。

まずはじめに主催から挨拶。
「ストレージは最初の計画が大事。下手なもの入れると後でどうにもならなくなる」
まさにその通りだと思います。

そしてこの勉強会の目標として主催が掲げるのが
「社内で「ストレージを設計するなら彼」と言われるスキルを習得すること」
だそうです。
勉強会で学んだことはビジネスに還元すべきという主催の思想が良く出ているところです。

第1回のメインテーマはFusion-ioについて。
Fusion-ioはSSDではなく、Fusion-ioを言葉で表現するならば
NANDフラッシュベース高速半導体ストレージ ネイティブPCIeNANDフラッシュデバイス 不揮発性メモリー
とのこと。

SSDにはSATAバスの帯域・コントローラの性能・CPUからの距離など
ボトルネックになる要素が多く、思ったほど性能が出ない。
これをクリアしたのがFusion-ioである、という。

PCIe接続にすることで、CPUからの距離を短くし、帯域幅の問題もクリア。
かつファームウェアは独自技術で固めているため後続製品が出にくいのだとか。

この領域に至る製品はなかなかつくれないらしい。
それだけ技術の粋が集まったものなんだなぁと再認識。
ただのPCIe接続シリコンディスクというわけではないらしい。

ちなみに全世界で20PB出荷しているんだとか。

メモリにより近い応答速度を実現する新しいレイヤー・新たなメモリー領域である
F-ioは、主に高速なI/Oが求められる分野に使われるわけです。

MySQL Master/Slave環境、OracleDB環境、バッチ環境で使われるんだとか。
具体的なサービス内容でいうと、Webサービスや映像製作の現場
キャリアおよびサービスプロバイダの加入者情報DBにも使われているらしい。

特に最後のは弊社に関係の深い分野であるので、これでサーバ統合して
コスト削減・管理工数削減できたらとは思いましたねぇ…。

第2部はLT3本。
F-ioのベンチマークやEMCの統計情報のとりかたなど、ためになる情報もりだくさんでした。
こういうこと聞ける場って、ほんとないからなぁ…。

実はこの前に「インフラエンジニアのためのプログラミング勉強会」があったらしい。
結構土壇場になって立ち上がったらしく、全然気づいていなかったため
教えてもらったときはもう埋まっていたという…残念なんだぜ。

ぶっちゃけ、PGしてたことあるけど、プログラミングのセンスは0だと自覚している。
とはいえ運用改善にはプログラミングは絶対必要だから
これはやりたいんですよね…。

まぁ前は運用ツール結構作ってたし、最近もちょろちょろスクリプト書いてたりするけれど
やっぱり思い立ったらすぐ書けるまではいかなくても、何が足りないのかくらいは
わかるようになりたい(そうすれば、調べようがあるからね)

というわけで、参加者の皆様、おつかれさまでした。
スポンサーサイト

[edit]

« 日本通信と契約してイオンSIM使ってよ  |  interop2011行ってきました(後編) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagi2100.blog68.fc2.com/tb.php/14-3c856c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。