FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

日本通信と契約してイオンSIM使ってよ 

イオンSIMを契約してきました。

イオンSIMとは、イオンリテール株式会社(イオン・ジャスコなどの運営会社)と日本通信株式会社(b-mobileの会社)が提携して販売している、MVNOによるNTTドコモネットワークを利用したデータ通信専用SIMのことです。

詳しくはこのwikiにいろいろ書いてありますので、僕は使用感などのレポートをしたいと思います。
http://www45.atwiki.jp/aeonsimwiki/pages/1.html

発売開始時は14店舗でしか取り扱っていなかったものの、
2011/6/18から取り扱い店舗が大幅に増えました。(夏には全国260店で取り扱い開始するらしい)
http://www.bmobile.ne.jp/aeon/shop.html

最寄りのジャスコでは取り扱っていなかったので、品川シーサイドのイオンに行ってきました。
品川シーサイドのジャスコは駅の上にあるので、電車で行きやすいのがメリット。
デメリットは、りんかい線の駅がおしなべて深いことと、運賃が高いことでしょうかw

契約の条件
・20歳未満は契約できません(魔法少女は契約不可)
・本人確認書類が必要です(まぁ最近は当たり前になっていますが)
・支払い方法はクレジットカードのみ
・契約時に事務手数料3150円が必要

まぁ社会人なので特に問題なく契約できました。

プランは3種類あります。速度によって値段が違います。
プランA(980円/月 100kbps)
プランB(2,980円/月 400kbps)
プランC(4,980円/月 Mbpsクラス)

ちなみに、契約時はどのプランにするか選ぶのですが
実は後でプラン変えられるのです。(1ヶ月単位)
なのでプランAのSIM買って、あとでプランBにするとかも可能。

あと、契約時のSIMはどのプランにひも付いているか決まっているので
プランAのSIM在庫はあるけどプランBのSIMは入荷待ちなんてことも(僕が行ったときそうだった)



僕は普段WiMAXのモバイルWi-Fiルータを使っているんですが、
WiMAXはまだまだエリア狭いです。地方遠征とかするとまず使えません。
そのため、WiMAX導入前まで使ってたBF-01BにイオンSIM入れて
WiMAXのサブとして使うつもりで契約しました。なのでプランAで契約。

ちなみに、イオンSIMwikiにはプランAの用途としてイカのような記載があります。

Twitter専用端末に挿して
Userstreamを使用するメガネケエスでも遅延が少なく通信できる報告あり(フォロー数による)
WiMAXの補助通信として
エリアが狭いが高速なWiMAXと、エリアが広いが低速なドコモMVNOの組み合わせとして。
UNIXの端末通信として
テキストベースのターミナルクライアントなら、遅延さえ気にしなければなんとかなる模様。

まさにこれの2番目をやろうとしていたわけでして。

そして自宅に帰ったあと、開けてみてびっくり。

なんと見た目がまんまFOMA SIM。
そりゃドコモのMVNOなんだから当たり前といえば当たり前なんですが、
もともとBF-01Bに入っていたドコモデータ通信契約のSIMと区別がつかなそうだなということで
思わぬ問題を生みました。

なので、印をつけておいたほうがいいですね。
なお、イオンSIMは解約時に日本通信に返却する必要があるので、
原状回復しやすいマークの仕方をしましょう。

マジックで直接書いたらあとでなんか言われそうだ。

で、早速BF-01Bに入れて使ってみました。

当然ながら、ドコモデータ通信(僕はmopera使ってる)とは接続先が違うので
BF-01Bの設定変更をする必要があります。
さっきのwikiみて設定値入れたらあっさり接続できました。

PINというのを入れる欄があるので、ここで引っかかりそうな気がしたのですが
空欄でよかったようです。

i-revoの速度測定のときにも使ったradishで速度測定してみました。
http://netspeed.studio-radish.com/

自宅で、移動していない状態で測定しました。

■1回目■
下り回線
速度 44.00kbps (5.500kByte/sec)
上り回線
速度 68.19kbps (8.524kByte/sec)

■2回目■
下り回線
速度 63.94kbps (7.993kByte/sec)
上り回線
速度 82.49kbps (10.31kByte/sec)

■3回目■
下り回線
速度 74.32kbps (9.290kByte/sec)
上り回線
速度 72.67kbps (9.084kByte/sec)

おおむね公称どおりの速度のようです。

Wi-FiルータにPCから接続して使ってみていますが
僕の普段の利用ケース(twitterとweb閲覧)では特に問題なく使えています。
ちょっと遅いかな?と感じるくらいでさしあたって問題なし。

ちなみに昔使ってたWILLCOMはもっと遅かったです(32kはともかく、4xでももっと遅かった気がする)
そう考えると、これが980円とか、すごい時代になったものです。ドコモだからエリアも広いしね。

今回は自宅でPCからの利用でしたが、今度は通勤時にAndroid端末から使ってみたり
遠征時の使用感についてレポートしようと思います。
来週、九州行くので。
スポンサーサイト

[edit]

« 今すぐフォローすべきITインフラ界のスーパーエンジニア  |  #sfstudy ストレージ友の会#1 に参加しました。 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagi2100.blog68.fc2.com/tb.php/15-b8b7db47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。